地方カメラマンのなんでもあり~の日記です。


by st-nature

サンヨー エネループ使えます!

Canon EOS 5D MarkⅡの予備バッテリーにサンヨーのエネループを使ってみました。単三型電池を使うにはバッテリーグリップBG-E6が必要で、付属のバッテリーマガジンBGM-E6に装填して使います。
f0148962_0195864.jpg
体感的な話で申し訳ないのですが、電池の持ちは標準のリチウムイオンバッテリーLP-E6とほぼ同等のようでした。

エネループを使うメリットは、、、自然放電が少ないのでフル充電して保存可能、充電可能回数が多い、継ぎ足し充電OK、メモリー効果もほとんど気にしなくてよい、低温に強い、LP-E6と比べると圧倒的に安い、などが挙げられます。また、充電が完了すると給電がストップするのでほったらかしでもよく、リチウムイオンのようにシビアに扱わなくても大丈夫です。リチウムイオンは 「フル充電で保存すると寿命が短くなる」 とか 「フル充電するには充電完了ランプが点灯してから更に1時間充電しなければならない」とか言われますが、そんなややこしいことは何も考えなくていいのです。

そもそもサンヨーの充電器には充電後も満充電状態を保つ「満充電キープ機能」がついているものがあり、これを使えば充電完了後も1ヶ月程度ほったらかしでも問題ありませんし、フル充電状態をキープしてくれます。それにエネループとセット販売されている充電器にはリフレッシュ機能がついてないので、定期的にリフレッシュする必要もないのでしょう。よって非常にラフな扱いでよく、リチウムイオンのようにシビアに考える必要はありません。

ただし欠点もあり、LP-E6 1本と比較すると重い、5DmarkⅡでの使用ではカメラとの通信機能が使えないため電池の残量表示が大雑把になる、、、などがあります。ともあれエネループは5Dmark2で使う分には欠点より利点のほうが多い上、安くて扱いがラフでいいので、私のようにズボラな貧乏カメラマンには最適な電池のようです。(^_^;
  
[PR]
by st-nature | 2009-01-30 00:44 | カメラ・機材