地方カメラマンのなんでもあり~の日記です。


by st-nature

カメラバッグ

f0148962_23363697.jpg約17年ぶりにメインで使うカメラバッグを買い換えました。今まで使っていたカメラバッグはアシスタント時代に購入したLoweproのMagnum AW。当時はテンバやドンケ、タムラックにあこがれていましたが、高くて手が出ず、仕方なく購入したものです。機能的には問題ありませんでしたが、サイドポケットには蓋がなく、開閉はジッパーのみなので雨水が浸入するおそれがありました。まだまだ使えはしますが生地もほころび、型くずれもしていますのでメインのバッグからは引退してもらうことにしました。今回購入したのはtamracの5612 pro12。購入価格はなんと15,800円。高い高いと思ってましたが、Loweproとは価格が逆転していました。

使い勝手は良好です。大きさはLoweproのMagnum AWとほぼ同じですが、詰め込める機材の量は若干多いようです。留め具が前面に二つとサイドにも一つずつある上、ジッパーまで付いているので、全部留めてしまうと開け閉めが大変です。普段はジッパーは開けっ放しで、留め具だけで閉じています。(というよりジッパーはまだ一度も使ったことがありません。)

f0148962_23562854.jpg
機材を詰め込むとこんな感じ。最近のカメラバッグはボディにレンズをつけたまま収納できるタイプが多いのですが、それだと大口径レンズや望遠レンズを入れると収納力が落ちてしまいます。なので私は別々に収納するようにしています。青いのは余ってたロープロの間仕切り。上下2段に収納できるようにしています。(下にレンズを収納)

せっかくなので、バッグの中身もお見せします。ちなみにこれは取材用のセットです。(常時入れっぱなしのものもたくさんあります)取材時はこれに三脚、スタンド2本、アンブレラ2本をスタンドケースに入れて持っていきます。。
f0148962_0312966.jpg
(クリックで拡大)
カメラはCanon EOS40D、レンズはSIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC /HSM、同じくSIGMAの18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM。ボディは1台のみで、サブのボディ・レンズは別のバッグに入れて車に置いていきます。ストロボは580EX2と550EX、ワイヤレストランスミッターのST-E2。その他予備バッテリーやコンパクトフラッシュ、水準器、PLフィルター、ルミクエスト、リモートレリーズ、ブロワ、ハレ切り用の板、グレーカード、カッター、ペンライト、番記用のメモ帳・マジック、レンズクリーナーなどなど。右側のポケットの中に白く見えるのは三脚の足先にかぶせるキャップ。建築物の室内撮影のときに、床や壁などを汚さないようにするものです。モノはフローリングのキズ防止用にダイニングチェアの脚にかぶせるキャップです。百均で売っているので少しでも汚れたら新品に買い換えるようにしています。

これだけ詰め込んでもまだ余裕があり、サイドポケットは両方とも空っぽです。非常にしっかりしていて長年使っても型くずれもしそうにありません。アシスタント時代にあこがれたタムラックのカメラバッグを今頃になってようやく手に入れました。
[PR]
by st-nature | 2009-06-03 00:58 | カメラ・機材