地方カメラマンのなんでもあり~の日記です。


by st-nature

さよなら EF80-200mm

f0148962_053053.jpg
このレンズは神戸でのアシスタント時代に大枚はたいて買ったものです。買った値段は覚えてませんが、定価では16万円もしたレンズです。当時私はニコン党だったのですが、師匠の薦めもあり、キヤノンに総入れ替えしました。そのときに買ったカメラがEOS5、レンズはEF28-105mm F3.5-4.5 USM、EF20-35mm F2.8L、EF80-200mm F2.8L、ストロボが430EZでした。ニコンのカメラはF3ハイアイポイント1台と標準ズームを1本残して全て下取りに出し、貯金を使い果たしてキヤノンに乗り換えました。

そのときに買った機材で今でも残っていたのはこのレンズだけだったのですが、ついにこれも手放してしまいました。最短撮影距離が1.8mと長く、逆光に弱いレンズでしたが、大変キレがよく、デジタルでもその描写性能には文句ありませんでした。ただ、USMではないのでスポーツ撮影ではピントを外したり、AIサーボに設定すると極端に連写速度が落ちたりするので、結局処分してしまいました。

思い入れのあるレンズで寂しい気がしますが、これも時代の流れですから仕方ありません。と言いつつ最新のレンズ買わずにISなしの70-200mmを買ったりしてますが・・・。
[PR]
by st-nature | 2009-12-01 01:30 | カメラ・機材