地方カメラマンのなんでもあり~の日記です。


by st-nature

<   2008年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

仕事が忙しいときは滅多に詰まらないインクノズルですが、ちょっと暇な日が続くとよく詰まってくれます。で、ヘッドクリーニングを実行すると詰まっていないインクまで減ってしまいます。これはクリーニングでインクを噴出させるポンプが一つしかないために起こる現象ですが、せっかくの各色独立のインクが同時に減ってしまうことになります。(今使っているプリンターはPM-G820)
f0148962_11324892.gif
インクが減る様子をGIFアニメで表したスクリーンショット

最初に黒以外のインクノズル(色は忘れました)が詰まったのでクリーニングをしようと思いましたが、この状態でクリーニングを実行すると(全てのインクが減ってしまうので)黒の残量がゼロになり、黒インクを交換するとまた「吸い出し」で他のインクまで減ってしまいます。なのでクリーニングは実行せずに黒インクを交換することにしました。しかしインク交換による「吸い出し」でもノズルの詰まりは解消されなかったので仕方なくクリーニングを実行しました。すると詰まっていたノズルは通りましたが、今度はクリーニングしたことにより他の色のノズルが詰まってしまいました。もう一度クリーニングすると全てのノズルが通りましたが、この一連の動作で相当な量のインクを消費してしまいました。

上のようなことはよくあることで、他には2色のインクが微妙にずれて減ったときなども1色ずつ交換すると全インクの「吸い出し」を2回することになるので、まだ残っているにもかかわらず2色同時に交換しなければならない、などということもあります。

これらのムダを解消するにはポンプを各色に1個ずつ装備しなければならないと思います。これにはコストもかかりますしプリンター本体もある程度大型化することでしょう。しかしいつまでたってもエプソンはこの対策をしません。(自動ノズルチェックや自動クリーニングはするようになってますが)なぜでしょうか? ノズルの詰まりによるヘッドクリーニングやインク交換時の「吸い出し」によるインクのムダで莫大な利益があるからではないでしょうか。

私はインクの交換をするたびに、ヘッドクリーニングを実行するたびに腹が立って仕方がありません。プリンター本体が多少大型化しようとも、ぜひポンプをノズルの数だけ装備して欲しいと思います。コストの増加については今までムダな消費で儲けた莫大な利益でまかなえるのではないでしょうか。いくら各色独立インクでも、これだけムダが出るプリンターはちっとも 『 eco 』ではありません。
少し前にEP-802Aを購入しましたが、現在は上の症状は解消されているようです。
[PR]
by st-nature | 2008-10-29 23:00 | その他

山口遠征

30人31脚 山口大会の撮影に行って来ました。遠方ですので前日に山口に入りました。移動は船(スーパージェット)、電車、新幹線を乗り継いでいきますが、公共機関を使っての移動は地方では珍しいことです。

f0148962_20582423.jpg行きの船の窓から撮影。明日の天気が心配です。。。

f0148962_1884180.jpg
試合当日。晴れたり曇ったりでしたが、雨が降らなくてよかったです。試走を終えた子供たちは本番前の最終調整に入ってます。
f0148962_2310324.jpg
向こうから手前のマットめがけて走ってきます。距離は50m。
f0148962_18384359.jpg
本番の写真はお見せできませんが、みんな一生懸命走っていました。毎日相当厳しい練習を積んできたのでしょう。走り終わった後は先生・生徒みんな一緒になってうれし泣きや悔し泣きをしていました。撮影はAIサーボで連射連射!!です。


f0148962_18244238.jpg帰りの新幹線 のぞみ700系です。昔の新幹線(現在のこだま0系)は乗り心地が悪く、食堂車で食事をするのも大変でしたが、今の新幹線は快適そのものです。
f0148962_18294322.jpg
広島の路面電車。松山にも路面電車が走っているので乗り慣れてはいますが、広島は路線が多いので乗り間違えないようにしないと同じ行き先でも所要時間が違ってきます。
f0148962_17574296.jpg
今回の移動スタイル。初めてリュックサック型のカメラバックを使いました。両肩で背負うので楽かと思いきや、案外しんどかったです。上下2段になっていて、下の段にカメラボディー2台、レンズ2本、ストロボ用バッテリーパック、メモリーカード、予備バッテリー、水準器、上の段にレンズ1本、クリップオンストロボ2台、1泊分の着替えが入ってます。三脚はGITZOの2941L、右の袋は家族へのおみやげのクロワッサンとマカダミアナッツ(なんで?)
f0148962_2163859.jpg
帰りのスーパージェット。松山までの所要時間は1時間ちょっとです。多少音がしますが、揺れもなく快適でした。さぁ明日は地元松山で愛媛大会の撮影です。
[PR]
by st-nature | 2008-10-11 18:45 | 写真

Canon EOS 40D vs 50D

ご案内) このブログでは1枚当たりの画像の容量に制限があるため、撮影したままの生のデータをお見せすることができません。自分のホームページスペースにほぼ同じ内容のレビューページを作りましたので、よろしかったらご覧ください。


去年の秋に40Dを購入してまだ1年ですが、もう次の機種50Dが出てしまいました。40Dユーザーとしては悔しい限りですが、ニコンさんが次々といいカメラを出してくるので、キヤノンさんとしても仕方がなかったのでしょう。

さて私はまだ50Dは購入していませんが、友人カメラマンよりお借りすることができましたので簡単にテストしてみました。まずは私が購入するときに一番重要視する解像感です。チャートを使った厳密なテストではありませんので参考程度に。。。
f0148962_10245911.jpg
上のような写真を撮影し、赤枠の部分を等倍で切り出しています。なお、下の写真は撮影したままの生データを切り出したもので、色調やコントラスト、歪みなどの補正はいっさい行っておりません。(テスト当日は晴れたり曇ったりの不安定な天気でしたので、色味やコントラストは参考にしないでください。)すべての画像の共通設定は撮影モード-マニュアル、オートホワイトバランス、JPEG Large Fine、ピクチャースタイル-スタンダード(カスタマイズなし)、高輝度側階調優先-OFFです。レンズはEF17-40mm F4L USM、焦点距離は17mm。今回はレンズのテストではないので絞りはこのレンズでの最高画質が得られるf11で撮影しています。

f0148962_10311761.jpg
まずは40Dの画像。ISO感度100、高感度時のノイズ低減はOFFです。中央付近のタイル一枚一枚までは解像しておらず、判別することはほぼ不可能です。


f0148962_10383651.jpg
対する50D。こちらもカメラ側の設定は同じです。中央付近のタイルはなんとか解像しており、一枚一枚を判別することができます。

解像感に関してはやはり1.5倍になった画素数がきいており、40Dと比較するとアップしています。しかし過度な期待は禁物で、画素数の割には「こんなもんかな~」という感じがしないでもありません。はっきりと差が出るのは解像するかしないかのギリギリのところのみで、それ以外ではさほどの差は感じません。しかし試しに40Dの元画像を50Dと同じ画素数までフォトショップCS3を使って拡大補間してみたところ、50Dと同等にはならず、やはり500万画素の違いはあると感じました。(解像感以外にノイズの面でも、、、、、ノイズも拡大されてしまうので)


次にノイズ。ほぼ同じCMOSのサイズで(実際には40Dより僅かに大きくなっています)大幅に画素数がアップしていますので、ノイズがどの程度押さえられているのか気になるところです。実際40Dのノイズは20Dのそれと比較して、出方が違うものの全体的には増えているという印象がありました。下の写真は一番上の写真の青枠部分を等倍で切り出したものです。まずは50D。レンズ、カメラの設定は上と同じで、まずは高感度時のノイズ低減OFFから。
f0148962_11141371.jpg
ISO100 すでにカラーノイズが極僅かですがあります。


f0148962_11162418.jpg
ISO200 カラーノイズに加えて輝度ノイズも出始めています。


f0148962_11164783.jpg
ISO400 .......。


f0148962_11175392.jpg
ISO800 ..............。


f0148962_1118261.jpg
ISO1600 .....................。


f0148962_11185762.jpg
ISO3200 ............................。


f0148962_11191747.jpg
ISO6400 これ以降は緊急避難的な使い方しかできないでしょう。

f0148962_11193594.jpg
ISO12800 スターノイズも盛大に出ています。


次に高感度時のノイズ低減を【標準】に設定してみました。
f0148962_11342196.jpg
ISO100 カラーノイズ、輝度ノイズともに確認できません。

f0148962_11344580.jpg
ISO200 カラーノイズ確認できず、輝度ノイズは極々僅かに確認できる、、、かな。

f0148962_1135820.jpg
ISO400 輝度ノイズ出始め。 

f0148962_11352128.jpg
ISO800 輝度ノイズはあるものの、カラーノイズはほぼゼロ。

f0148962_11353730.jpg
ISO1600 上に同じ。

f0148962_11355658.jpg
ISO3200 上に同じ。

f0148962_1136999.jpg
ISO6400 これ以降はカラーノイズというより色の分離ができていません。


f0148962_11362365.jpg
ISO12800 カラーノイズは消えてもスターノイズは消えません。


対する40D。高感度時のノイズ低減はOFF 全ての感度において50Dと同じような傾向です。
f0148962_11593766.jpg
ISO100

f0148962_11595639.jpg
ISO200

f0148962_1201448.jpg
ISO400

f0148962_1202813.jpg
ISO800

f0148962_1204230.jpg
ISO1600

f0148962_1205760.jpg
ISO3200

高感度時のノイズ低減-ON ちなみに40Dにはノイズ低減はONかOFFしかありません。(50Dは標準・弱め・強めと3段階に設定できます。) こちらは50Dとはノイズの出方が異なります。50Dではノイズ低減を標準に設定するとカラーノイズ・輝度ノイズとも軽減してくれますが、40Dではカラーノイズのみを軽減して輝度ノイズはほとんど減ってないようです。
f0148962_12171734.jpg
ISO100

f0148962_12173131.jpg
ISO200

f0148962_12174427.jpg
ISO400

f0148962_1218046.jpg
ISO800

f0148962_12181363.jpg
ISO1600

f0148962_12182691.jpg
ISO3200

上にも書きましたが、40Dはノイズ軽減をONにしても輝度ノイズはほとんど取ってくれませんのでザラザラ感があります。対して50Dはカラーノイズ・輝度ノイズともに軽減してくれますので、一見するときれいのですが、どうしても解像感が失われ、フワッとした感じの絵になります。私は輝度ノイズも軽減して解像感が失われるよりはそれを残してでも解像感があるほうが好きです。今回はテストしていませんが、もしかしたらノイズ低減の設定を【弱め】とかにすると40Dのような感じになったりするのかな。

高輝度側階調優先については最低感度(200)のみテストしましたが、40Dも50Dも傾向は同じで、上のISO200と同等のノイズが発生します。私個人の使い方としてはノイズが出るのも解像感がなくなるのもいやなので、通常は高感度時のノイズ低減・高輝度側階調優先ともOFFにしています。ただし被写体や環境光、明るさにより必要に応じてONにしています。

あと、40Dにはない新機能としてはオートライティングオプティマイザがありますが、これは時間の都合でテストできませんでした。しかしこの機能はどうなのでしょう。アマチュアカメラマンの場合は失敗写真が大幅に減るでしょうからいいと思いますが、私たちプロが通常静物などを撮影するときはこの機能をOFFにしておかないと実は露出アンダーの失敗写真もきれいに補正して、モニター上ではきれいに見えてしまうのではないかと思います。(露出アンダーの写真を補正すると、通常は暗部にノイズが浮いてきます。)この機能も上記同様、必要に応じてONにするのがいいのではないかと思います。(おもにスナップやスポーツ撮影などに有効だと思います。)失敗写真が少なくなるという意味ではシャッターチャンスに強くなっているんじゃないでしょうか。


画質に関してざっと書いてみました。お借りしている短い期間なのでこれ以上のテストはできませんでしたが、もっと詳細にテストすればもっと多くの改善点が見つかることだと思います。

他によくなった点としてはまず液晶画面。視野角は40Dでも通常撮影した画像を見る分には不自由なかったですが、報道カメラマンのようにライブビューを使ってカメラを頭上にあげて撮影する場合には見づらいことがありました。その点50Dでは視野角が広くなっているので全く問題なく良く見えます。他には色調やコントラストも大きく改善されています。キヤノンさんにも改善提案をしたのですが、40Dの液晶画面は大変粗く、ピントチェックもままなりません。また、色転びもあるしコントラストも高すぎました。しかし50Dはこれらの点が大幅に改善されていて、ピントチェックはバッチリできますし色転びも気になりません。またコントラストも柔らかくなって非常に見やすくなっています。今更ではありますが表面に反射防止のコーティングがされましたので周りが明るい場所でもかなり見やすくなっています。あと、表面のフッ素コートもよく効いていて、鼻の油が付きにくくなっています。40Dではファインダーを覗くたびにべっちょりと(笑)付いていましたが、50Dでは少し付く程度。しかもクロスで軽く拭う程度で簡単にキレイになります。

惜しむらくは明るさの調整が相変わらず大雑把にしかできないこと、色調・コントラストの調整は一切できないことです。せめて色温度だけでも設定できるようにして欲しかったです。最終媒体が印刷物のカメラマンなら5000K(ケルビン)または5500K、WEB関係者なら6500K、一般ユーザーなら9300Kになると思います。まぁ撮影中は周囲の環境光がバラバラなので、そこまで厳密に合わせても意味がないのかもしれませんが。それでもやはり用途に合わせて調整しておきたいものです。

しかし多くの意見が取り入れられ、大幅に改善された点は評価されます。今回はテストしていませんが、ライブビューについてもかなり進歩しているようです。でもキヤノンさん、、、、、製品サイクル、もうちょっと長くしてくれません? あと、もっとまともなレンズ、早く開発してください。(^_^;) 歪曲収差・倍率色収差・周辺画質、、、、、これらのことを気にせずに気持ちよく撮れるレンズが待ち遠しいです。
[PR]
by st-nature | 2008-10-09 12:57 | カメラ・機材