地方カメラマンのなんでもあり~の日記です。


by st-nature

<   2010年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

クリップオン2段仕込み

野外でポートレートというとライティングはレフ板が普通だと思いますが、アシスタントのいない私はクリップオンストロボを使ったソフトボックスでライティングすることがあります。ただ、ダイレクトなら光量もまずまずですがソフトボックスなどでディフューズすると条件によっては1灯では厳しい場合もあります。

f0148962_2324530.jpg
なんとかソフトボックス内に2灯仕込めないかと考えたのが上の写真です。上のストロボはサンテックのマルチクランプとエツミのボールヘッドシューの組み合わせです。ソフトボックスはSD写真電気工業の65cmタイプですが、中間にもディフューザーを入れているのでクリップオンのワイドパネルは出しません。

f0148962_2351942.jpg
下のストロボはマンフロットのマジックアームと自由雲台の組み合わせです。マジックアームは真ん中のレバー操作で全ての関節(?)がフリーと固定を切り替えられます。大型ストロボのヘッドを載せても平気で、ガッチリと固定することができます。写真はカメラの左手側に置いてST-E2で飛ばすことを想定し、受光部をこちらに向けています。

f0148962_23144139.jpg
新藤修一の仕事場で紹介のあった方法でST-E2の首が振れるようにしています。室内で撮影する場合は赤外光が反射して飛び回るので、ST-E2をストロボ受光部に向けなくても殆どの場合で大丈夫ですが、野外ではそうはいきません。

f0148962_23185336.jpg
ニッシンのユニバーサルシューコードエツミのボールヘッドシューの組み合わせです。ST-E2自体に首振り機能があればこんな面倒くさいことしなくてもいいんですが・・・。

つい先日もこの方法でモデル撮影をしましたが、そのときは建物の日陰でしたので補助光としては1灯でも十分でした。これが晴天逆光となるとどうなのかな。半身なら問題ないはずですが全身はイケるかな・・・。2灯仕込めばイケそうな気がしますが、、、早めにテストしてみないといけません。
[PR]
by st-nature | 2010-03-22 00:02 | カメラ・機材

幕末古写真

デジカメジンさんで紹介のあった「幕末古写真ジェネレータ」を試してみました。

f0148962_756374.jpg
この写真は以前こちらでご紹介しました道後温泉本館(上から4番目の写真)です。

これ、はっきり言っておもしろいです。写真の大きさや容量に制限があるのが残念ですが、簡単にこのような写真が作れます。

f0148962_822981.jpg
↑ クリックで拡大(大きい写真もこのサイズににリサイズされるようです。)
人物を入れると最近の服装もどこか古臭く感じられます。

みなさんも是非お試しあれ。(^^)
[PR]
by st-nature | 2010-03-07 08:06 | 写真

充電式2CR5!

昔は多くの一眼レフカメラに採用されいていたリチウム電池「2CR5」ですが、最近はそのほとんどが充電式のリチウムイオン電池に取って変わられ、もうほとんど使うことがなくなっています。私が唯一まだ使っているのがキヤノンのスピードライトトランスミッターST-E2ですが、これが結構電池を食います。一時はかなり安くなっていた2CR5ですが、最近は需要が少なくなってきたため、また結構なお値段がします。私の使用頻度でも年間5~6本程度はいるので結構しんどいのです。

f0148962_1737794.jpg
アマゾンで偶然見つけた充電式リチウムイオン電池。ロワジャパン製、充電器セットで税込4,170円です。これくらいの値段ならすぐに元が取れます。

本家ロワジャパンのHPでも買えますが、私はアマゾンでクレジットカード登録してあるのでワンクリックするだけで翌日か翌々日には届きます。値段も同じで送料無料です。(ちなみに本家サイトで送料が無料なのは保証のないメール便もしくは定形外郵便ですがアマゾンで買うとちゃんと宅配便で送ってくれます。)

充電直後の電圧が7Vありましたのでちょっと心配でしたが、ST-E2での使用は問題ないようです。ロワのバッテリーは賛否ありますが、私が今まで使ってきた中では一切問題は起こっていません。純正買うのがバカらしいくらい安いのですが、さすがに5D MarkIIや7Dなどで使用されているインフォリチウムはないようです。

キヤノンさんが早くマニュアル制御のできる単三電池仕様のST-E3(?)を出してくれたらいいんですけどね。
[PR]
by st-nature | 2010-03-04 18:04 | カメラ・機材