地方カメラマンのなんでもあり~の日記です。


by st-nature

タグ:EOS 5D Mark2 ( 7 ) タグの人気記事

Canon EOS 5D MarkⅡの予備バッテリーにサンヨーのエネループを使ってみました。単三型電池を使うにはバッテリーグリップBG-E6が必要で、付属のバッテリーマガジンBGM-E6に装填して使います。
f0148962_0195864.jpg
体感的な話で申し訳ないのですが、電池の持ちは標準のリチウムイオンバッテリーLP-E6とほぼ同等のようでした。

エネループを使うメリットは、、、自然放電が少ないのでフル充電して保存可能、充電可能回数が多い、継ぎ足し充電OK、メモリー効果もほとんど気にしなくてよい、低温に強い、LP-E6と比べると圧倒的に安い、などが挙げられます。また、充電が完了すると給電がストップするのでほったらかしでもよく、リチウムイオンのようにシビアに扱わなくても大丈夫です。リチウムイオンは 「フル充電で保存すると寿命が短くなる」 とか 「フル充電するには充電完了ランプが点灯してから更に1時間充電しなければならない」とか言われますが、そんなややこしいことは何も考えなくていいのです。

そもそもサンヨーの充電器には充電後も満充電状態を保つ「満充電キープ機能」がついているものがあり、これを使えば充電完了後も1ヶ月程度ほったらかしでも問題ありませんし、フル充電状態をキープしてくれます。それにエネループとセット販売されている充電器にはリフレッシュ機能がついてないので、定期的にリフレッシュする必要もないのでしょう。よって非常にラフな扱いでよく、リチウムイオンのようにシビアに考える必要はありません。

ただし欠点もあり、LP-E6 1本と比較すると重い、5DmarkⅡでの使用ではカメラとの通信機能が使えないため電池の残量表示が大雑把になる、、、などがあります。ともあれエネループは5Dmark2で使う分には欠点より利点のほうが多い上、安くて扱いがラフでいいので、私のようにズボラな貧乏カメラマンには最適な電池のようです。(^_^;
  
[PR]
by st-nature | 2009-01-30 00:44 | カメラ・機材

驚異的画角

前回のテストで使用したレンズはキヤノンEF17-40mm F2.8L USMですが、APS-CサイズセンサーのEOSでは最広角の17mm、フルサイズの5D MarkⅡは28mm域で撮影しました。下の写真は同じ日時、同じ場所でSIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL /HSM を付けて12mm域で撮影したものです。
f0148962_22204889.jpg
ご覧のように驚異的な画角となり、強烈な遠近感、歪みに見舞われますが、現在のところ大判・中判も含めてこれ以上の広角レンズは存在しません。(多分) ただ、このレンズはフレアがとても入りやすい上、周辺光量落ちや周辺像の流れがひどく、周辺光量が落ち着くのがF11、周辺像の流れがマシになるにはF16まで絞らなければなりません。もっと絞れば更によくなるのかもしれませんが、F11あたりから極わずかではありますが回折収差が出始めているので、絞れるのはF16が限界かなと思います。
f0148962_22352887.jpg
右上隅を100%で切り出しています。F16まで絞っても像の流れはこれだけ残ってしまいます。しかし建築写真では多くの場合、歪みを修正しますので、この程度の範囲なら最終的なトリミングで切れてしまいます。ノートリミングの場合でも14mm域以降なら周辺の流れ部分は切れてしまいますので、ほとんどの場合問題になりません。このレンズは色味が若干黄色く、解像の甘いレンズだと思っていましたが、5D MarkⅡとは相性がいいようで、色味・解像感とも全く問題ありません。歪曲収差も優秀で、特に建築写真分野では非常に頼りになるレンズです。

ただこのレンズ、発売初期の頃には偏心しているものが多く出回っていましたので、持っている方は一度テストしてみた方がいいかもしれません。私の所有していたのもそうで、片ボケが酷かったです。私の場合は保証期間内だったのでメーカーに調整に出したら無償で交換してくれました。
f0148962_2311885.jpg
EOS 5D MarkⅡ SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL /HSM 12mm F16 1/6秒

道後温泉本館を北側から撮影しています。地元の方ならお分かりかとおもいますが、北側は引きがなく、まさかここから全景が撮影できるとは想像がつかないと思います。歪みの修正でかなりトリミングされていますが、元画像ではもっと広範囲が写っています。いろいろ問題点もありますが、他のメーカーにはない超広角レンズですので大事に使っていかなければならないと思っています。
[PR]
by st-nature | 2009-01-25 23:41 | カメラ・機材

Canon EOS 5D MarkⅡ テスト

 解像感比較

前回記事 Canon EOS 40D vs 50D の撮影をした場所で同じアングルからEOS 5D MarkⅡで撮影し、簡単に比較してみました。前回はJPEGラージファインの画像を掲載しましたが、今回のテストは全てRAWで撮影し、DPPにてデフォルトで現像しています。(20Dと50Dの画像は前回RAW+ラージファインで撮影したデータをRAW現像していますので、光線状態が異なります。ご参考程度に。)前回同様、概ね赤枠の近辺で、100%の大きさで切り出しています。

f0148962_0275674.jpg
共通データは撮影モード-マニュアル、オートホワイトバランス、RAWおよびsRAW1、ピクチャースタイル-スタンダード(カスタマイズなし)、高輝度側階調優先-OFF、高感度撮影時のノイズ低減-OFF、オートライティングオプティマイザ-OFF、レンズはEF17-40mm F4L USM、絞りはF11です。

f0148962_0442164.jpg
EOS 5D MarkⅡRAW(約2110万画素)タイル1枚1枚までほぼ完璧に解像しています。

・オリジナル画像 5D2RAW1.JPG (別ウィンドウで開きます)



f0148962_17554932.jpg
EOS 50D RAW(約1510万画素)中心付近ではタイル1枚1枚をなんとか判別できます。いつも思うのですが、50Dの画像は画素数のわりに解像感が少し甘いような気がします。

・オリジナル画像 50D_RAW.JPG (別ウィンドウで開きます)



f0148962_0465862.jpg
EOS 5D MarkⅡsRAW1(約1000万画素)画像解像度は40D、50Dよりも小さいですが、よく解像しています。

・オリジナル画像 5D2sRAW1.JPG (別ウィンドウで開きます)



f0148962_1336342.jpg
EOS 40D RAW(約1010万画素)中心部ではタイル1枚1枚がなんとなく判る・・・かな? 画素数のわりにはよく頑張っています。

・オリジナル画像 40D_RAW.JPG (別ウィンドウで開きます)



f0148962_055466.jpg
EOS 20D RAW(約820万画素) これは必要ないかもしれませんが・・・参考までに。タイルの縦のラインは完全に消えてしまってます。(光線状態が厳しいせいもあります。)

・オリジナル画像 20D_RAW.JPG (別ウィンドウで開きます)



個人的に興味のあった、5D MarkⅡsRAW1と40D RAWの画質比較ですが、予想通りではあったものの、ここまで解像感に差が出るとは思っていませんでした。ほぼ同じ1000万画素(正確には5D2 994万画素、40D 1008万画素)の5D2(sRAW1)と40Dの画質は同じではありませんでした。階調・ノイズについてもセンサーサイズの大きな5D2に歩がありますので、40Dは完敗ということになります。ただし、5D2はレンズのイメージサークルの端まで使いますので、レンズによっては周辺画質が甘くて使い物にならないということもありえます。

 その他設定・感想

高感度ノイズについては比較的ノイズの多い40Dを使ってきた私にとっては驚異的とも言えるもので、これからは夜景でもスナップ的に手持ち撮影が可能になるでしょう。EOS二桁モデルとは別次元のノイズ特性ですが、5D2の画素ピッチが20Dとほぼ同じでDIGICがより進化していると思えば納得できます。20Dはもう3世代も前のカメラですがノイズ特性では今でも充分通用するほど優秀です。また、今までノイズが浮いて(私的には)使えなかった「高輝度側階調優先」もこれからは有効に使えそうです。画像についてはThe-Digital-Picture.comレビューページで詳細に検証されていますので、よろしければご覧ください。(マウスカーソルを感度の数字上に移動すると画像が変わりますが、最初の読み込みに時間がかかります)

「高感度撮影時のノイズ低減」設定ですが、私の場合ISO3200まではOFF、それ以上では用途に合わせて「弱め」または「標準」に設定すると思います。「弱め」はカラーノイズのみ除去し、輝度ノイズはそのままなので解像感にはあまり影響しませんが、「標準」以降では輝度ノイズも除去し、解像感が甘くなりますので注意が必要です。

心配していた周辺画質ですが、SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL /HSM 、EF17-40mm F4L USM、EF28-70mm F2.8Lの3本ではほぼ問題なく、やはりこのカメラはレンズの粗が出にくいと感じました。ただしどのレンズも最広角側の周辺画質には問題があり、かなり絞り込んで使う必要があります。(F11~16) その場合でもSIGMA 12-24mmは周辺像の「流れ」がひどい状態ですが、14mm付近から望遠側では切れてしまいますし、例えば建築物などを撮影し歪みやパースペクティブ(遠近感)を補正すれば切れてしまいますので、私的には非常に頼りになる1本となります。

その他設定では「オートライティングオプティマイザ」は通常はOFF、必要に応じてスナップなどではONにすると思います。勝手に明るさやコントラストが操作されては困りますので。あと、液晶の明るさの自動設定もマニュアルですね。もっと細かく制御してくれるのなら別ですが、たったの3段階では正確な露出の判断はできません。

 まとめ

Canon EOS 5D MarkⅡは大変素晴らしいカメラです。APS-Cサイズセンサーのカメラとは比較にならない圧倒的な解像感、階調、ノイズ特性・・・・・その画質は 『 空気感までも描写する 』 といった感じです。(ちょっと大げさか(^_^;) APS-Cサイズセンサーと比較して、面積比約2.6倍はダテではありません。値段もフルサイズとしては安いと思いますし長く使えることを考えれば買って損はないカメラだと感じました。ただし以前にも書きましたが、これだけの画素数になってくると僅かなブレやピンぼけにもシビアで、レンズのほうも大きくて重くて値段の高いL レンズが必要になってきます。 体力と財力と撮影技術に自信のある方は別として、複雑で高機能なカメラの使いこなしも含め、一般のアマチュアカメラマンにはちょっと手強いかな、、、という気もします。

 キヤノンさんへの要望

1. 液晶の明るさのマニュアル・自動設定とも、もっと細かく設定できるようにしてください。1段の差が大きすぎて使えません。

2. アンケートにも書きましたが、撮影後のプレビュー画面から直接拡大・縮小できるようにしてください。また、そのときにSETボタン一発で任意の大きさ(どの大きさというなら最大がいいかな)に拡大できる機能を付けてください。シャッターを切った後毎回拡大ボタンを押しまくってピントチェックをするのは相当作業効率が落ちます。これはファームアップで対応可能だと思いますので、ぜひともこの機能を付けて欲しいです。

3. カメラ本体で倍率色収差を補正する機能を付けてください。できれば歪曲収差の補正機能も付いていればレンズはオールキヤノンになると思うのですが・・・。

4. 倍率色収差・歪曲収差・フレアの少ないレンズを作ってください。他社よりも大きなマウントのキヤノンはレンズの設計上、断然有利なはず。キヤノンさんの最大の課題はレンズの描写性能ではないでしょうか。ニコンさんに大きく水をあけられてます。またST-E2の後継機(マニュアル制御ができる、電池は単三を使用)を早く出してください。

5. 測距点をもっと多く、範囲も広げてください。そして全点クロスセンサーに。これはコストや技術面で簡単にはいかないと思いますが頑張ってください。

6. EOS-1D系のように、ファインダーを覗いたときに背面液晶に鼻が当たらない工夫をしてほしいです。ファインダーを覗くたびに液晶が汚れるので、いつもクリーニングクロス片手に撮影しなければなりません。フッ素コーティングだけでは不充分です。

7. 必要以上の画素数はいりません。(KissX2、50D) 階調やノイズを犠牲にしてまで画素数を上げることはないと思います。銀塩で例えれば、アマチュアカメラマンに中判カメラ以上の解像度が必要でしょうか?それよりも他の機能を充実させたり画質を向上(低ノイズ・豊富な階調・各収差補正機能)するほうが大事だと思います。

8. DPPのホワイトバランス微調整を他メーカー製現像ソフトと同じようにスライダー方式にできませんか? 使いにくくて仕方がありません。

他のメーカーさんもグングン追い上げてますよ。いやもう既に抜かれてる部分も多くあります。ニコンさんに乗り換える方も多くいらっしゃいます。少しきつい書き方もしましたが、ユーザーのため、キヤノンさんのためにも、できるかぎりユーザーの意見に耳を傾け、取り入れていただきたいと思います。期待してますよ。
[PR]
by st-nature | 2009-01-22 17:22 | カメラ・機材

EOS 5D MarkⅡ 導入!

結局待ちきれずに買っちゃいました。(^_^;
心配していたファームウェアは1.06でした。待てなかったんだから仕方ありません。まぁ極初期のロットではないでしょうから自分でファームアップしてよしとしましょう。方眼マットスクリーンとバッテリーグリップを同時購入しましたが、やはりEOSの二桁モデルと比較すると一回り大きく、感覚的にはモードラ付きの35一眼からペンタの67に持ち替えたような感じです。ファインダーはピントの山は相変わらず分かりづらいものの明るくて広く、「35mmってこんなに広かったんだな~」と改めて実感しました。

f0148962_948367.jpg

写真はThe-Digital-Picture.comより拝借


本格的なテストはまだこれからですが、今時のカメラは設定項目が多く、全ての組み合わせを試していたら記事をまとめるのも大変です。感度ごとのノイズの出方やリダクションのオンオフなどの組み合わせはこちらのサイトで詳細に検証されていますので参考にされてください。今のところ私が興味あるのは仕事ではいちばんよく使うであろうsRAW1(約1000万画素)とEOS40DのRAW(同じく約1000万画素)ではどちらが画質で優れているか、ということです。焦点距離や被写界深度が違いますので単純には比較できませんが、あまり関係のない遠景で、同じズームレンズを使用してテストしてみたいと思います。画素ピッチに余裕のある5D2、レンズの美味しいところのみを使う40D、どちらが有利か興味深いところです。結果は簡単にまとめてまたご報告したいと思います。

フルサイズのカメラはレンズのイメージサークルの端まで使いますので、周辺の画質がどこまで耐えられるかが心配です。前回お借りしてテストしたときは、このカメラは案外レンズの粗が出にくい印象でしたので、そこらへんももう少し検証してみたいと思います。とは言ってもやはり安いズームレンズではダメで、最低でも L レンズが必要なようです。 ということはやはり大きくて重たい組み合わせになってしまいますね~。(;^_^A アセアセ…

それから買った後になって気が付いたのですが、このカメラはなんと全点クロスセンサーじゃないんですね~。40Dや50Dでも全点クロスなんだから、よりピント精度の要求される5D2は当然そうだろうと思いこんでました。(後発だし)情けないことにクロスセンサーは中央の1点のみです。まぁ私の場合は全ての撮影をこのカメラでこなすわけではなく、動体やスナップは今まで通り40Dで、5DMarkⅡを使うのはおもに建築写真などの静物のみになりそうです。この手の撮影はライブビューを使ってマニュアルあるいはライブモードAFでピントを合わせますので全く心配はいりません。

しかしキヤノンさんはどうしていつもできるのにしないんでしょう。世間から「出し惜しみ」とか「商売人」などと言われても仕方がないようにも思います。1D系との差別化は必要なんでしょうけど、あまりにも差別しすぎじゃないですかね? 高速連写が可能で動体撮影に適した40Dや50Dにアシスト6点(AIサーボでのみ有効)が付いてなくて、高速連写ができない、どちらかといえば静物向きの5D2にアシスト6点がついているというのもちぐはぐな気がしますが・・・・・。アシスト6点いらないから全点クロスセンサーにしてほしかったな~。
[PR]
by st-nature | 2009-01-17 12:37 | カメラ・機材

さらば銀塩

EOS5DMarkⅡを買うために、またまた自転車操業です。今回処分したのはキヤノンEOS20D + EF-S 17-85 F4-5.6 IS USM レンズキット、EF28-105mm F3.5-4.5 USM、ズームニッコール35-70mmF3.5、 トキナー800mmF8(友人からのもらい物)、マミヤRZ用蛇腹レンズフード、4×5(シノゴ)レンズ3本、ホースマン ロングルーペ6x、キヤノン iVIS HV10(家庭用ハイビジョンビデオカメラ)などなど。予想外に高く売れたため、なんと5D2ボディ1台分がまるまる稼げました。

35mm、ブローニー、4×5のボディー各1台、標準レンズ各1本は辛うじてリストラを免れ、 『こんな時代もあった』 という思い出として手元に残してあります。しかし他のボディやレンズはこれで全て処分してしまったことになりますので、フィルムでの仕事は事実上できなくなりました。今年からは(いやもう一昨年前くらいからか)仕事はデジタル一本です。

あとは購入を待つのみですが、先にも書きましたように初期ロットを避けるためにいつまで待つべきかの判断で迷っています。我慢できずにさっさと買っちゃうかもしれませんけど・・・。(^_^;
[PR]
by st-nature | 2009-01-11 23:33 | カメラ・機材

早く来い来い5DMarkⅡ

早く来い来いと言ってもまだ買ったわけではありません。5DMarkⅡには黒点とバンディングノイズという問題があり、とりあえず初期ロットは避けることにしていました。しかし今日になってキヤノンから新しいファームウェアが公開され、これらの問題もほぼ解決したようなのでそろそろかな、、、と思っています。

ただ、その価格。年が明けてから一日千円くらいのペースで下がっていたのですが、今日はなんと一日で6000円も値下がりし、23万円台になりました。こう値下がりのペースが早いといつ買うか迷ってしまいます。巷では値段を気にするよりさっさと買って仕事に使う、自分の作品を撮るなどしたほうがよいという方もいらっしゃいますが、私の場合お財布事情が、、、、、。まぁ仕事も暇な時期ですし、もうちょっと待って新ファームのボディが出回ったころに買おうかと思います。
[PR]
by st-nature | 2009-01-09 00:13 | カメラ・機材
EOS 5D Mark2 をお借りする機会に恵まれましたので、テストというほどではありませんが、ちょっと撮影してみました。恥ずかしながらフルサイズのカメラは今までにKDB(神戸デジタル勉強会)などで触ったことはあるものの、実際に自分で撮影して画像をPCに取り込み、モニターで確認したことはありませんでした。
f0148962_23342793.jpg
道後温泉本館。5DMk2で撮影しました。この建物を見た兵庫の友人は「千と千尋や~」と言ってました。左上に小さく女性が見えますが、入浴客は入浴後に浴衣に着替え、料金によって個室や大広間でお茶とお菓子をいただきます。あの部屋は多分お高い個室かな。

まず画質ですが、これはもう感動ものでした。APSサイズCMOSセンサーのカメラとは別物と言っても過言ではありません。当然ですがISO100ではノイズはゼロ、階調も非常に滑らかでハイライトからシャドーまでのつながりもよく、スッキリとしていてツルンとした画像です。JPEGではイマイチな解像感(とはいってもAPSサイズのカメラよりは断然いい)もRAWで撮影すると驚くほどよく解像します。AWB(オートホワイトバランス)の精度も優秀で、どんなシーンでもとにかくAWBで撮影すればきれいに写ってしまう、、、といった印象です。ただしこれだけの画素数とセンサーサイズですので、レンズを選びますし手ぶれを起こさないようにキッチリと撮影することが絶対条件です。わずかなブレ、ピンぼけも許されません。APSサイズではすでに画素数の面で限界を超えてしまっている感があり、ノイズや階調の面で弊害が出ている印象ですが、フルサイズのカメラはまだ余裕があるように感じます。(いやこちらもそろそろ限界が近いかな)

f0148962_1457297.jpg
100%で切り出しています。瓦の一枚一枚までよく質感を描写しています。

f0148962_1510731.jpg
同じく100%で切り出し。右いちばん奥のビルの壁面です。タイルの一枚一枚まで完璧に解像しています。APSサイズのカメラでは到底解像してくれず、ぼやけた感じに写ります。

背面液晶も50D同様、非常にきれいでピントチェックもバッチリできます。ただ、撮影後の画像を細部まで確認するにはシャッターを切った後、再生ボタンを押してから任意のサイズまで一回一回ボタンを押して拡大しなければなりません。ニコンの上位モデルのように、シャッターを切ったらボタン一発で瞬時に拡大する機能を付けて欲しいものです。

この翌日に先輩のO崎カメラマンがスタジオでテストをするというので参加させていただきました。テストに参加したカメラはキヤノンの5DMk2、50D、KissX、ニコンのD700、D90、D200で、カラーチャート、グレーチャート、クレヨン、カメラ(ローライの35TEブラックボディ)、フィギュア3体、赤と白の和紙などを置いて撮影し、RAWファイルをDNGに変換(CS3で現像するため。CS3は5DMk2に未対応)、同条件で現像しました。トータルで一番よかったのはやはり5DMk2でした。解像感が群を抜いていて、立体感というか奥行きがあるといった感じです。高感度のノイズではD700に一歩及びませんでしたが、APSサイズのカメラとは比較にならないほど素晴らしい結果でした。(ちなみに詳細は割愛しますが以外によかったのはニコンのD90、以外に悪かったのはキヤノンの50Dでした。)

f0148962_12243559.jpg
右の和紙の赤が飽和していますが、Windows系のWebブラウザはカラーマネージメント非対応なので正しい色で見ることはできません。

今回のテストで興味深かったのは現像ソフトによる色・階調再現の違いでした。データーを持ち帰って隅々までチェックしてみたところ、どのカメラも赤い和紙が飽和してしまっていて表面の質感が全く再現されていません。また、斜めの線においてはジャギーも出やすいようです。(現像設定はCamera Rawデフォルト)赤の彩度や明度を調整すれば和紙の表面はほぼ再現されましたが完全ではありません。キヤノンの純正現像ソフトDPPでは発色は異なるものの赤のトーンは似たような傾向でした。ちなみに赤い和紙の再現性がいちばん良かったのはSILKYPIX Developer Studioでした。ジャギーもありません。このソフトはシャドーの階調が出やすいかわりにハイライトの階調表現は苦手なようで、色の出方も癖があって扱いが難しいような気がします。しかししっかり調整さえできれば解像感も高く、立体感のある画像が作れます。

話がそれましたが、5DMark2は素晴らしいカメラです。完璧とは言えない防滴・防塵性能、エリアが狭く数も少ないフォーカスポイント、安っぽくて気の抜けるようなシャッター音(静かなのは私にとっては嬉しい)、お粗末な連続撮影枚数、なぜか上位機には装備されないポップアップ式のストロボ(あると何かと便利)、下位機と変わりばえしないボディ外装なんて、値段と画質を考えれば充分目をつぶれます。このカメラがあれば仕事の幅もうんと広がることでしょう。またいつもの自転車操業でもしますか。(^_^;
[PR]
by st-nature | 2008-12-09 01:01 | カメラ・機材